観葉植物は種類が多く部屋の空気を浄化してくれるだけでなく、育て方も簡単で癒しの効果も抜群です。 何といっても話し掛けて育てた観葉植物は育ち方が違います。
部屋によって枯れてしまう物やそうでなかったりする物の違いは、やはり「生きている」ところから来るものではないかと考えます。

さて実際にどんな観葉植物を買ったらよいか、お店に行っても種類がありすぎて迷ってしまいますよね。
主にホームセンターや園芸店に買いに行くかと思いますが、特に春先には多くの観葉植物が並べられ目移りしてしまいます。 このような中から失敗しない選び方とはどんな方法でしょう。
まず、どんな育て方をしたいのか、部屋のどこに置くかを決めましょう。
観葉植物を置きたい場所が、例えばリビングと浴室とでは湿度が違いすぎますので育て方も違ってきます。

また、窓際で日光の当たる日向の場所と、玄関など日光の当たらない日陰の場所とでも、環境が全く違ってきます。
観葉植物は室内で育てることが出来るように非常に丈夫なものが多いですが、上手に育てるためにも置きたい場所の環境に最も適した観葉植物を選びましょう。

さて観葉植物を置きたい場所が決まれば、その場所に適した大きさの観葉植物を選びましょう。
あまりにも大きすぎて部屋に対して必要以上のスペースを取ったり、小さすぎて周りの小物と重なって見栄えがしないなど、後になって後悔しないためにも飾りたい場所の寸法を測定します。

鉢の形もいろいろあるので、買ってきたままを置きたい場合には鉢の形の採寸も考えねばなりませんね。
そして観葉植物は成長します。植物は種類や育て方によっての成長過程も考慮して置き場を考えましょう。