ベンジャミンの育て方のポイント

観葉植物の種類の中にベンジャミンがあります。
ベンジャミンは大きくどっしりとしており、家の中のちょっとした眼隠しや仕切りにも使えます。

お店の開店祝いや、新築祝いなどにも贈られることがありますね。
クリスマスには、このベンジャミンを飾り付けているお店を見かけたことがあります。珍しくて新しい発想で素敵でした。
クリスマスでなくとも、普段から季節の飾り付けを楽しむとより一層観葉植物に愛着もわいてくるでしょう。

育て方は耐陰性、耐寒性があるため、日当たりを好む種類の植物ですが室内のどこでも問題なく育ってくれます。
しかし、光量不足の場所に長く置くと、葉がまばらにしか出てこなくなります。
そうなると株姿が乱れますので、少々手間ですが時々日当たりの良い場所に移動してあげましょう。

ただし、観葉植物も生き物のため、置き場所を変えることで、環境になじめないこともあるのです。
落葉する原因にもなるので、これは生き物と同じで徐々に移動をし、環境に慣れさせてあげましょう 。

ベンジャミンの育て方のポイントは、水やりのタイミングです。
生育期は5月から10月です。この時期は鉢土の表面が乾いたら、葉水を兼ねてたっぷりと水を与えましょう。

この種類の観葉植物の育て方の注意点は、寒い季節に過湿にしないようにしましょう。
その他、乾燥しすぎると落葉の原因となるので注意しましょう。

肥料は生育期に、2ヶ月に1回程度の間隔で肥料を与えればよいでしょう。
また、冬は肥料は与えないのが基本です。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月12日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ポトスの育て方は簡単でライム・ポトスが人気」です。

次のブログ記事は「サンセベリアの育て方のポイントと注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。