モンステラの育て方とポイント

観葉植物の中でも、ちょっと変わった形の種類のものがあります。
知る人ぞ知る、といったところでしょうが、「モンステラ」です。大きな手のひらを広げたような葉っぱです。
最近では特に人の集まる病院や役所、病院や会社のオフィス、受付などに置いてあるのを見かけます。

モンステラの効果というのがあるのですが、あの濃い緑がかった色味にあるようです。
自然な緑色の存在が、人間の心に安らぎを与えるというのが風水効果も兼ねた最大の効果だそうです。

観葉植物の育て方や増やし方は、観葉植物によって異なりますが、その種類の中でも比較的育てやすいです。
高温多湿を好み、直射日光を嫌い明るい日陰などが最適です。まさに熱帯雨林の植物のイメージですね。

育て方のポイントとなる水やりですが、少し土の表面が乾いてきたな、と触ってみてからあげてください。
観葉植物の大抵の種類は、水のあげすぎによって根腐れを起こしてしまうのです。
直射日光も避けましょう。一気に葉の色が変わり枯れてしまいます。温かい多湿の場所に置きましょう。

モンステラは観葉植物ですが、その葉の形や特性を生かして生け花やフラワーアレンジメントに使われることもあります。
結婚式場などで見かけたかたもいるかと思います。
葉の種類は濃い色しか見かけたことがないですが、育て方は簡単ですがすぐに大きくなりません。
アレンジに使うために育てても、いざカットするには勇気が必要となってきそうですね。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月14日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サンセベリアの育て方のポイントと注意点」です。

次のブログ記事は「サボテンの育て方のポイントと注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。