苔玉の育て方のポイント

さて苔玉を作っていくのですが、植物の選び方を勉強しましょう。
長く楽しみたい方は、花が終わっても葉がいつまでも枯れず、綺麗な種類の観葉植物を選ぶとよいでしょう。

冬を越し何年もかわいがって育てたいので、育て方の難しくない種類が望ましいです。
観葉植物の種類の中でも、耐寒性のある、家の庭や裏庭の林に自生しているものが良いですね。
都会に住んでいる方にとっては、園芸店などで手に入りやすい観葉植物など、好きな植物の種類で作るのが良いと思います。

育て方の似ている植物を組み合わせることもポイントの一つです。
まったく育て方の違ったもの同士であると、どちらかが枯れてしまう恐れがあるからです。
ではまず、植えたい植物を組み合わせ軽く根の土をとります。
そして根を包むように、用土をつけながら苔玉の形、大きさを作っていきます。
このときの注意ですが、さらに水苔と苔をまくので、自分の思い描いた大きさの8割くらいの大きさにしましょう。
土のお団子の上に、水で十分湿らせた水苔を巻き付け、それを黒の木綿糸で大まかに縛って止めます。
水苔の上に、さらに緑の苔をまきますが、作業しやすいように苔は剥がす時に、なるべくそっとちぎらないようにとります。
これを黒糸で止めても良いのですが、菊づくり用の細い針金でしっかりと止めるとバッチリです。

たとえば、林の中で見つけたイチイ実生苗とギボウシと細葉とシダもおすすめです。
それぞれ感じの違う葉の形との組み合わせがよく、成長したときのたたずまいが楽しみですね。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月24日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苔玉の作り方と育て方」です。

次のブログ記事は「苔玉の育て方は水やりと置き場所がポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。