苔玉の育て方のポイント:寒さ対策

苔玉は観葉植物の種類の中でも特別な存在感があります。
普通の観葉植物は育て方がまちまちとはいっても、大体は似ています。
種類も豊富な観葉植物ですが、苔玉は自分で作るといったことが愛情のかけ方に少し差が出てきそうですね。

気候の面から見ていきますと、観葉植物は元々熱帯性の気候が原産地であることが多いですね。
そのため、育て方としてはどうしても寒い時期が苦手な種類が多くなってきます。
それぞれ植物によって、その耐寒性は多少異なりますが、15度以下になったら室内で管理していきましょう。

育て方の重要なポイントとなる水やりですが、こちらも水分を徐々に控えていくのがよいでしょう。
注意としては、内陸部や積雪地方では、室内への取り込み時期が早いので注意が必要です。
室内管理に入りましたら、明るい窓辺に置きましょう。しかし窓辺は夜になるとガラス越しに冷えがあります。

そのため部屋の中でも最も気温が低くなっていたりします。
少し工夫をし、昼夜の寒暖差が大きい時には、夜間になったら窓から離すといいでしょう。
さらに植物によって10℃まで平気なものや、5℃~3℃まで平気なものとそれぞれ耐寒温度が違います。

夜間の最低気温をチェックしながら、ビニール袋に包んだり、発砲スチロールの箱などに入れたりしましょう。
最近では安価でビニール製の簡易温室もありますので、利用されるといいでしょう。
少しでも長く一緒に楽しみたいので、手をかけすぎない程度に面倒をみてあげましょう。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月26日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苔玉の育て方は水やりと置き場所がポイント」です。

次のブログ記事は「苔玉の育て方と楽しみ方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。