苔玉の育て方と楽しみ方

うまく環境にあえば、苔玉も盆栽も何年も楽しむことができます。
それはどの種類の観葉植物でも同じことがいえますが、苔玉は手作り感があり特別な感情を抱きます。

育て方は他の種類の観葉植物に比べると、少々手間がかかる育て方ですが、その分愛着がわきます。
そして季節が変わるごとに、その表情は変わっていきます。
寄せ植えなどだと、観葉植物の種類の中でも弱いのが、いつのまにか消えることはよくあります。
逆に強気の植物が、どんどん大きくなってしまうこともよくあります。
しかしそれはそれとして受け止めてあげて、楽しむのも良いですね。
あまりにも育ち過ぎてワサワサとしてきたら、自分でカットしてあげても大丈夫です。
ちょっとした庭師の気分ですね。

苔玉は、微妙な形を何年もかかって作り上げる「盆栽」とは違って、植物と季節の移り変わりを楽しむものです。
なるべく自然に育っていくのを眺めて、楽しませてもらいましょう。
もし苔がうまく育たなくて茶色く枯れてしまったら、お近くの園芸店やホームセンターで相談に乗ってくれます。
思い切って自分で張り直してもよいかもしれませんが、やはりプロのお助けも必要です。
育ってきている植物たちを傷めることなく、慎重に張り替えてあげましょう。
根の部分を傷めずに張り替えれば大丈夫かと思います。

観葉植物の植え替えと同様に、替えた後は十分にお水をあげてください。しばらくバケツに浸しても構いません。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月27日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苔玉の育て方のポイント:寒さ対策」です。

次のブログ記事は「観葉植物の育て方の観察日記のススメ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。