観葉植物の育て方の観察日記のススメ

観葉植物を園芸店やホームセンターで買ったとします。
さて家のどこに置こうかな、と悩む時間も楽しいですよね。育て方に悩む前に、まず置き場所にも悩んだりします。
観葉植物にはいろんな種類がありますので、日陰を好むものや日当たりのよい場所が好きな種類の観葉植物があります。

育て方もまちまちなので、複数購入した際にはますます悩んでしまいますね。
そしてまず置き場所を決めたら写真を撮ってみることもおすすめします。
今はカメラの種類も豊富です。一眼レフやデジカメも様々です。
そしてその後、育て方なども記した「観察日記」を書くと良いでしょう。なんだか小学生の課題みたいですね。

ですがこの作業がまた愛着度を増すのです。特に苔玉などは成長も早いので楽しみです。
日記が面倒で嫌な人には、デジカメで撮るだけでもいいですね。
この定期的に観察するといった作業がとても大切なことです。やはり写真に残すからには奇麗に、と思うのが人の心でしょう。
そこがポイントとなり、植物の面倒を見てあげるのです。枯れた葉があったら取ってあげ、苔玉などはカットしたりします。
このように植物をたくさん見てあげることが、植物の成長をどんどん手助けしていることにつながってきます。

特にサボテンは話しかけるとよく育つと言われています。
サボテンに限らず、どの植物でも見ていれば自然と話かけるので良いでしょう。
植物は、言葉はわからなくとも聞こえると言われています。たくさん良い言葉をかけてあげましょう。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月28日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「苔玉の育て方と楽しみ方」です。

次のブログ記事は「ミニ盆栽の育て方と注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。