ミニ盆栽の育て方と注意点

観葉植物の中でも、実に様々な種類があります。
熱帯の観葉植物だけでなく、盆栽もそのひとつとなります。
今人気の盆栽ですが、特に「ミニ盆栽」が女性に大変人気です。種類も豊富で、大きさも大小あります。

ミニ盆栽の大は目安ですが、女性の片手にのる大きさで、小は赤ちゃんの手にのる大きさの盆栽のことを言います。
ふつう、盆栽といえば男性が両手でかかえるほどの大きさですが、ミニ盆栽はそのわずか枝先程度です。
それでも何年も生きる姿は大きい盆栽と変わらず、四季の風情、花や実を楽しませてくれます。

観葉植物といえども盆栽なので、育て方は少々手間がかかります。
普通の種類の育て方とはまた違ってきますので注意が必要です。
これまでの盆栽のイメージは、なんとなく定年後の男性の楽しみのひとつ、といった感じがありました。
育て方が難しいことから、育てている男性も気難しいイメージがわいてきていました。
しかし現在では中学生の男子も楽しんでいると聞きます。もちろん働く女性の癒しにもなっています。

盆栽は難しい、といったイメージから草花を育てる感覚に移行してきているのかもしれませんね。
まだ若いからとか、仕事が忙しいから、といった理由で盆栽を先延ばしにしているならもったいないです。
早く始めて長く持たせると、それだけ愛情もわいてきます。
盆栽自体にも味わいが出てきて、数年後には立派な姿になっていることでしょう。
盆栽は誰にでも楽しむことができ、また奥が深いです。樹種が豊富で魅力も多彩であり、何といってもミニ盆栽は小スペースで楽しむことができます。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月29日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「観葉植物の育て方の観察日記のススメ」です。

次のブログ記事は「盆栽の育て方のポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。