盆栽の育て方のポイント

盆栽はなんだか難しそうなイメージがあります。
他の種類の観葉植物とは違って、手間かけ暇をかけのイメージが強いですが、決してそんなことはありません。

育て方のポイントとして、大きく分けて4つのことを気にかけていれば大丈夫です。
そのことに注意していれば、初めての方でも、何年も何十年も付き合っていける盆栽となってくれます。
観葉植物と同様に、盆栽にも種類が豊富にあります。それぞれに合った育て方を勉強してきましょう。

水やりや置き場所、手入れも重要ですが、やはり一番大切なことはよく観察することです。
まず水やりですが、表面の苔や土の表面を触ってみて、乾いていたらそこから水が出るまでたっぷりと与えましょう。

これはどんな種類の観葉植物の育て方をみても同様ですね。
鉢の大きさや気温や、風通しの良さなど、置いてある環境によっても変わってきますが、まずは十分に観察することです。
次に置き場所ですが、風通しがよく、1日に数時間は日のあたる場所が望ましいです。
室内に置いて鑑賞したい場合は、たとえば2~3日は室内に置き、また2~3日は外へ出す、といった方法が良いでしょう。
会社勤めの方は、出勤前に外へ出し、帰宅後室内に置くといったように、できるだけ外気に当ててあげてください。

まずはとにかく観察してあげることが大切です。
盆栽は手間をかければかけるだけ愛情がわきます。定年後の男性だけでなく、若者にも癒し効果がありお勧めです。
まずはミニ盆栽から挑戦してみてはいかがでしょうか。
簡単に育てることを覚えれば、きっと次は大きなものに挑戦したくなるでしょう。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月30日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミニ盆栽の育て方と注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。