観葉植物のハイドロカルチャーでの育て方

今は実に様々な種類の観葉植物の育て方がありますよね。
ただ単に土に植えるだけではないのです。おしゃれなお部屋に合うように開発されたのか、衛生面から開発されたのかはわかりませんが、非常に人気の育て方が「ハイドロカルチャー」です。

ハイドロカルチャーとはどんなものかと言いますと、鉢に入れる土の代わりにハイドロボールといったドロッとしたものを植え込みます。
綺麗な色をしているので「これで育つのか?」と疑問も出てきますが、れっきとした用土とする栽培方法です。

育て方としては、鉢の底から水が抜けない容器を使用し、水が腐敗するのを防止する為に、イオン交換樹脂を使って水の浄化を行います。
こうすることによって根腐れの防止をすることができます。

一般的には観葉植物の鉢栽培に使用し、家庭やオフィスなどで楽しみますが、最近よく見かけるのは、ビルの室内装飾などに用いた大がかりなものが、海外だけでなく実に多様な種類を国内でも見る事ができます。

良い点としては、ハイドロカルチャーは土を用いてないので、屋内に持ち込んでも清潔感があり、どこにでも置く事ができ育て方も簡単に感じます。
虫が嫌いな人にはもってこいのハイドロカルチャーですね。

また、底に水が溜まっているので、水やり回数が極端に少なく済み水やりが楽になります。多くの種類の観葉植物が、この方法で育てる事ができますが、一部にはできない種類もあるので注意が必要です

注意点としては、ガラス容器や陶磁器の底には、水の抜ける穴がありません。
その結果、底に水が溜まったままにしておくと水が腐り、やがて植物も痛んでひどい場合には枯死してしまいます。
その為、良い方法としてはこの水を浄化するイオン交換樹脂を入れ、水の腐敗と根腐れを防止します。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月 4日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「観葉植物の歴史と発展」です。

次のブログ記事は「観葉植物の育て方:冬での対策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。