観葉植物の育て方:夏での対策

大抵の種類の観葉植物は夏に強いです。夏の季節は育て方が簡単です。
しかしいくつかの注意点もありますので、それさえ気をつけておけば、元気にすくすくと育ってくれます。

まず、夏は暑いです。最近の夏は非常に暑いです。温暖化の影響で、10年前に比べると気温がぐんぐん上がってきています。
というわけで、照り返しが非常にきついです。人にとってもそうなので、観葉植物も同じことです。

基本的に照り返しを防ぐ為、台などに置きましょう。強行線が苦手なものは直射日光が当たらない場所に置き、冷房機の風が当たらない様にします。
冷房対策としては暖房対策と同じで、乾燥を防ぐということです。観葉植物を育てるにあたっての育て方の中で、最も気をつけるべきことは「乾燥」です。
土も葉も水分が失われてしまっては、あとは枯れていく一方です。大切な観葉植物を枯らさないよう注意しましょう。

梅雨の時期には、観葉植物の種類によっては、高い湿度を好むものもあります。
そういった種類の植物は屋外に置いたままでも大丈夫ですが、蒸れすぎないように注意です。

鉢の間隔をあけて、晴れの日には風通しを良くしましょう。
また夏の育て方のポイントとして、種類によっては水を多く与えます。大抵の種類はこれに適します。

特に夏の暑い日の育て方の注意は、水やりの際に葉や鉢に水をかけて、株全体を洗い流しましょう。
そうすることにより、ハダニやイガラムシなどの害虫予防にもなり、熱も鎮めることができます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月 6日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「観葉植物の育て方:冬での対策」です。

次のブログ記事は「パキラは育て方が簡単な観葉植物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。