パキラの水やりや肥料の与え方

生育旺盛で生命力の強いパキラは、観葉植物として大変人気です。数ある種類の観葉植物の中でも育て方が簡単だからでしょうか。
その見た目も手のひらのような葉が愛らしく人気のひとつです。

パキラの生育時期は5月から7月です。熱帯植物なので暖かい場所を好みます。生育時期はできるだけ日に当てたほうががっしりとした株に育ちます。

しかし真夏の直射日光は危険です。強烈な直射日光によって、葉が焼けてしまうことがあるので、育て方としては午前中は日が当たるが午後からは陰る場所が最適です。
熱帯の植物で、あまり寒さには強くないので冬は室内で育てましょう。越冬温度は5℃~7℃を目安に、できればそれ以下にならないように気をつけます。
家の中で観葉植物として育てるならば、一年を通して日当たりの良い場所に置いておきましょう。

パキラの水やりや肥料の与え方ですが、5~9月の生育期は土の表面が乾いたら、十分に水を与えるようにしましょう。
パキラは多少水やりを多くしても失敗することは少ないです。そして乾燥にも強い種類の観葉植物なので、乾かし気味になってもしおれにくいです。
秋から冬にかけての育て方は、徐々に水やりを控えて、真冬は土が乾いて2~3日経ってから水を与えるようにします。

しかし、ただし真冬でも15℃以上気温が保てる場合は通常通りに水やりを行いましょう。
肥料は、5月頃に行います。肥料の種類は観葉植物用の固形肥料を、鉢の大きさに応じて土の上に置くだけでも十分です。
生育期に肥料を与えすぎると、加速的に大きくなることがありますので注意しましょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月 9日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パキラの育て方のポイント」です。

次のブログ記事は「ドラセナの育て方のポイントは植え替え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。