ドラセナの育て方のポイントは植え替え

ドラセナは俗に「幸福の木」とも言われている観葉植物です。育て方は比較的簡単で、室内で飾るには大ぶりのものが見栄えが良いでしょう。

ドラセナは観葉植物の種類の中では、9月から10月までは生育が旺盛な植物です。育て方としては、春から秋までが成長期なので、鉢の土の表面が乾いたら水を十分に与えましょう。
最低気温が20℃以下になった場合は、水やりを減らしましょう。冬場は乾燥気味に管理をし、葉水を時々与えるとよいでしょう。

育て方は、たまに日光浴をさせるとよいでしょう。もともと耐陰性ではあるのですが、気にかけてあげ、昼間は日に当ててあげましょう。

ドラセナは日照不足になると葉の色が変わってくることがあります。しかしこれも普段から、葉の手入れや根の状態などを見ていてあげれば問題ありません。
土の種類は、観葉植物用の土か赤玉土、腐葉土がお勧めです。肥料の種類は、液体肥料がよいでしょう。

観葉植物の育て方のポイントは、やはり植え替えでしょうか。ここが上手くいけばどんどん成長していってくれます。

ドラセナは2,3年に一度行いますが、根詰まりや根腐れや葉が枯れてしまったときなどに行いましょう。時期は5月から6月がベストです。
9月までには植え替えを終わらせないと、冬越えをできなくなることもあるので注意です。
ドラセナの増やし方は、5月から6月に水差しや挿し木にします。明るく風の無い場所に置き、直射日光を避けましょう。根が出て発芽したら土に植え付けましょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月10日 11:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パキラの水やりや肥料の与え方」です。

次のブログ記事は「ポトスの育て方は簡単でライム・ポトスが人気」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。