観葉植物 サボテンの最近のブログ記事

サボテンの育て方のポイントと注意点

サボテンの育て方ですが、これはまた観葉植物の種類の中でも少し違った部類に入るような気がします。
種類もたくさんありますし、形も様々で色つきもあったりします。実におもしろい観葉植物です。中でも「サボテン キンコ(金晃丸)」というサボテンがありますが、育てやすいです。

原産地はメキシコからパナマで、サトイモ科に入ります。属名としてはシンゴニウム属であり、非常に育て方の簡単な種類に入るサボテンです。
特徴は、小さくて細かいトゲが生えており、これが金色に見えるときもあり美しいです。そして黄色の美しい花が咲きます。
明るい場所を好むため、窓際等で育てると良いでしょう。
会社の机にちょっとした癒し効果のある観葉植物として、このようなサボテンを置いてみるのも良いかもしれませんね。

温度の管理も簡単で、0℃以下にならなければ大丈夫です。
まさかとは思ったのですが、サボテンの育て方の種類のひとつに「ハイドロカルチャー」も含まれているのです。まさかサボテンも大丈夫なの?と驚きますよね。
ハイドロカルチャーの場合ですが、水位計の赤いゲージがminになってからoptの位置まで入れてください、と記されていますので、その点は注意しましょう。

土で植える場合は、水やりに注意しましょう。乾燥を好みますので、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。乾燥気味に管理することがポイントです。

このサボテンの置き場所や光の加減の注意点ですが、窓際の明るい場所でレースのカーテン越しなどが良いでしょう。直射日光を好むのですが、あまり当てすぎても色が焼けてしまいます。
半日陰でも、日中電気を付けずに本や新聞が読める明るさなら大丈夫です。日陰でも育ちは悪いかもしれませんが、十分育ちます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち観葉植物 サボテンカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは観葉植物 パキラです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。