観葉植物 シュロ竹の最近のブログ記事

シュロ竹の育て方と性質

シュロ竹は見たことのある人は知っているかもしれませんが、この観葉植物の名前が「シュロ竹」というのはあまり知られていないのではないでしょうか。
中国南部が原産地のシュロ竹ですが、実はヤシ科です。育て方の種類としては、明るい場所を好みますが、暗めな場所にも強いです。

観葉植物の種類の中でも、管理がしやすく育て方が簡単とされています。寒さにも強いので、0℃以下にならなければ越冬もできる優れものです。
その姿かたちから、和風の建物にもよく合う観葉植物として人気が高いです。そして虫もつきにくいので飲食店にも飾られることが多いです。特に中華料理屋でよく見かけます。
育て方のポイントとしては、鉢植えは風当たりの少ない場所に、ということです。
日本の暖地や、寒風にさらされない陽だまりの場所ならば、地植えで越冬している姿が見られることもあります。それくらい寒さに耐えられる種類の観葉植物です。
湿潤で風当たりの少ない場所を好むので、鉢植えの場合はぜひこうした条件の場所に置いてあげてください。

シュロ竹が大好きなのは高温多湿で、明るい日陰です。なんとなく明るいが陰湿なイメージですが、そういった場所を好みます。
高温の時期にはシャワーをかけて体全体に散水してあげましょう。椰子の木の種類の性質で、1本の茎からは新芽が出ないのです。生え際から新しい目が育ちます。
そして新芽が育ちやすいように、背が高くなりすぎた茎は切り取ってしまいましょう。5~6月の暖かい時期に入る頃、伸びすぎた茎などを剪定して株分けするのも繁殖方法のひとつです。
培養土は赤玉土と腐葉土の混合などが適しています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち観葉植物 シュロ竹カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは観葉植物 豆知識です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。