観葉植物 種類の最近のブログ記事

金の成る木の育て方

随分前から有名な「金の成る木」ですが、この観葉植物を知らない人はいないのではないかと思うくらいに有名ですね。
そこはやはりお金という名が付き、しかも「成る」のですから興味深いですね。
学名はちゃんとあり、「クラッスラ ポーチュラカ」といいます。原産地は南アフリカで、ベンケイソウの科に入ります。属名はもちろんクラッスラ属です。

この金の成る木は、観葉植物の種類の中でも育て方が少々難しい気がします。普通に育てれば簡単なのでしょうが、私の場合はどうしても大きく育てたいといった欲が入るからでしょうか。

この観葉植物は明るい場所を好み、0℃以上の場所が望ましいです。ハイドロカルチャーでも育てられますが、なんとなく私はきちんと土でしっかり育てたいですね。
育て方のポイントとしては、土の表面が乾いてからたっぷりと与えましょう。やや乾燥気味でも大丈夫です。その代わり過湿は厳禁です。

この馴染み深い種類の金の成る木ですが、一般的に育て方は簡単とされています。乾燥に強いといった点が冬場をしのげるのかもしれませんね。
葉っぱは多肉で光沢があり、丸みをおびています。大変愛らしい形をしています。育て方は、できるだけ室内が好ましく、屋外ですと冬場はくたっとなってしまうことが良くあります。

ミニサイズでの種類もありますので、机にちょこんと置くのも可愛いですね。
そして「金の成る木」というのは、葉が育つ前の段階で5円玉など穴のあいた硬貨を置いておくのです。
葉が出て育ってくるまで時間がかかりますし、そこから枝になっていくのも大変時間がかかります。
ですが、ちゃんと育ってくれてお金が木に成っている姿を見ることができたときには、非常に感動するものです。そして絶対に枯らしてはならないという使命感もわいてきます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち観葉植物 種類カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは観葉植物 盆栽です。

次のカテゴリは観葉植物 育て方です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。